経過報告1/8

Pocket

香取保健所の方とお話しをしましたので、ご報告致します。

昨年12月にまた鹿が一頭亡くなった事について、香取神宮からの連絡は

なく、保健所担当者様はご存知ではありませんでした。。

香取神宮の担当者は、「死亡した場合などは、保健所に届けることに

なっているし、移動もしていない。

これからは保健所に報告しやっていくことになったので、そのような

ことがあれば報告します。

11頭しかいないというのは数え間違いだ。」と説明されたのですが、

亡くなっていたのに、把握しておらず、12頭しかいないとわかって

からも保健所へ何も報告をしていなかったことが判明しました。。

自分の働く職場で、動物が死んでいても気付かないのは、関心がない

と思われても仕方がないと思います。

対話で改善の道を探していますが、難しさを感じ始めています。

避妊去勢もできる獣医師を探し、角切りも獣医さん仲間に声をかけてく

ださると言われたのに、自分(香取神宮)で探すといって申出はお断りさ

れました。

自分達で手配してできるのであれば何も心配はないのですが、

「忙しい」「人手がたりない」という理由で、9月末までに行うと

言っておられたことが、今現在もなされていません。。

オス・メスの分別飼養を11月末までに行うと神宮担当者は保健所の方に

話したそうですが、それも行われていません。

繁殖期までに対応しないと、来年また小鹿が誕生し、余計に狭くなり

食べ物も足りなくなると伝えましたが、何も対策をとらず・・・。

いったい頭数管理や鹿たちの健康をどのように考えているのか、

ここまで対応ないまま期日を過ぎると、本当に取り組んでいるのか

疑問に感じてしまいます。

ヌカルミも保健所から提案もしたそうですが、未だ水溜りが酷く、

鹿たちは泥水を呑んでいます。

休日に他の職員の方が神宮を訪問したそうなのですが、やはり臭いと

感じたようです。

神宮へ事前に連絡していくと、清掃もされて、大麦も残っているほど

大量に与えられていますが、私の場合、いつも行く曜日を変えたり

時間が違うと、餌がなかったり、清掃されておらず糞尿の臭いを

確認しました。

ボランティアで様子を観てくださっている方からも、臭いやヌカルミ

等、衛生面での問題視的、命落とすほどではなくとも、角で怪我した

鹿のこと等、連絡を受けています。

約半年通いつめて思うこと・・・やはり定期的に確認しないとダメだな

と思います。

【以前からこれで飼ってきたのだから問題はない】から【たしかに問題

があったと思います。】へと担当者の方はおっしゃったので、気付いて

これからは鹿たちを大切にしてくださると期待していましたが、役半年

対話しても改善がなく、短期間に鹿たちが亡くなっていく現状を考える

と命の重み、弱いものをいたわる心、命を預かるという責任・・これらが

希薄なんだと言われても仕方がないと感じました。

いくら忙しくても、本当に自分の職場でお世話している生き物を大切に

守っていく気持ちがあれば、鹿が本来食べる牧草を毎日与えられるよう

に購入し、ヌカルミ改善ぐらいなら排水ができるように簡単な工事を

するだけなので、一日もあればできます。

紹介した獣医さんに連絡してくれれば去勢もして頭数制限ができる。

角切りだって怪我する前にできるのに。。

香取神宮のすごい収入のうち、ほんのわずか鹿たちの為に使えば

可能なのに、お金がないなら寄付しますという申し出もしたのに

やらない理由はなんなのだろう。。

昨年、入院してしまって、3週間いけなかったのですが、毎週神奈川

から通いつめて、鹿たちに食べ物を届け、神宮の方と関係を作って

きたのですが、亡くなった鹿たちを守ってやれなかったこと、改善

されていない現実が辛いです。

私と同様に頻繁に通ってくださっているボランティアさんも何故という

思いを抱いておられます。

保健所の方は、ボランティアの方の姿勢も見ておられ、改善へ向かうよ

う、法という縛りがある中で尽力してくださっています。

状況確認し、担当者の方との対話もしてくださるそうなので、また

ご報告させて頂きます。

The following two tabs change content below.

鍵元 礼子

最新記事 by 鍵元 礼子 (全て見る)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

経過報告1/8 への6件のフィードバック

  1. naruko のコメント:

    1頭亡くなった後の対応が、どう考えてもきちんと鹿に向き合っているように思えませんでした。
    時間をかせいでうやむやにしていけばいい・・と考えているのでしょうか神宮は?
    対話方式ではこちらの偉い方には、気持ちが届かないのでしょうね。
    偉い方なので(そういう世界で)、より心を開いてくれないのでしょうね。
    そんな風に私は感じております。

    • 越智 隆徳 のコメント:

      コメントありがとうございます。
      このままではいけないので
      接し方を少し変えます。
      皆さんからの声が神宮に響き渡りますように
      鹿たちの環境がより良くなるように
      考えて行きますのでご協力お願いいたします。

    • 鍵元 礼子 のコメント:

      おっしゃるように、不思議ですよね。
      どう考えているんだろう。。今の状態ではどうしても、疑問が生まれますよね。
      非難されているという被害者意識が先に立つのだと思いますが、冷静に見つめ
      れば、きっと多くの方が、「命を大切にしないとまずいでしょ」と感じる状況
      で、事実を書かれて非難されたというのは、どうなんでしょうかね。。
      書かれて困るようなことを改めなきゃならないと思うのですが、そのような
      発想にはならないのかもしれないですね。。

  2. 高田妙子 のコメント:

    皆様こんばんは。

    忙しい中いつもありがとうございます。
    残念でなりませんね。
    全く関心が無いと言っているのと同じ。
    出来ないなら出来ないと、何故言わないのか不思議でなりません。

    • 鍵元 礼子 のコメント:

      自力でできるなら何も言いませんよね。。
      できていないのに、非難されたと頑なに申し出も断るのは
      理解に苦しみます。
      どうするのでしょう。
      私は事実を書くだけで、読んでくださる方が其々に感じておられるのですが
      「改善する気があるのだろうか・・。」
      「放置して、いったいどうするつもりなのか・・。」
      そんな声が多く届きます。
      ズルズル伸ばしになれば、益々神宮の命に対する考え方などが問われると
      思いますね。

  3. pha79221 のコメント:

    僕はもう許しません…
    子鹿ちゃんの死は絶対無駄にはしない

    いつまでも僕の心の中に君の姿はあるからね

コメントを残す