活動報告 2015/3/14


3/14、雨降るなか、東京と神奈川から様子を見に
来てくださいました。

神奈川県動物保護センターからも雨風がまともに当
たらないようにするよう指導があったので、対応し
なくてはいけないと思っていると公園責任者様が、
おっしゃっていましたので、期待していましたが
まだ対応がありません・・・。

ニワトリは横からも前からも吹き降るため、身体が
濡れていたことを公園責任者様へ伝え、適正温度が
15℃~と言われているのに、雨に当たらないように
避難する巣箱もなく、気温が低い時期は特に危険だ
という話は忘れられてしまったのか・・。

対策として、小屋の真ん中の部屋が物置になってい
るので、そこへ移せば広いので、奥の扉側は雨が当
たらないと提案しました。
すると、怪我した動物用にあけておくなんておっし
ゃっていましたが、怪我したうさぎは治癒するまで
隔離される事なくそのまま・・・。これも言葉だけ。

皆さんの善意で贈った巣箱やスノコも、巣箱がない
鳥たちに使われず、物置スペースに置いたままにさ
れ大変ショックだということもお伝えしました。

以下は送ったメールの一部です。
『すぐには出来ないことがあると返答頂きましたが、
もうあれから随分経ちます。
「皆さんから頂く声はうさぎだから、鳥はとりあえ
ずよいかなと思っています」とおっしゃっていまし
たが、県からの指導後も対応がないのは、何か理由
があるのでしょうか?
広いスペースに移してあげれば、雨風がまともに当
たることなんてすぐに解消できるのに、こんなにも
そのままにされている事を皆不思議に思っています。

うさぎの部屋の巣箱の置き方について、以前は、風
が当たらないよう、隠れることが出来る状態になっ
ていましたが、先日訪問した際は、全て丸見えの状
態で置かれていました。
巣箱を置く理由を考えたら、あのような置き方では
意味がないと気付けると思います。

県の方も気付かれたようですが、牧草や水の入れ忘
れも起っています。
チェックリストでも作成し確認されてはいかかでしょ
うか。

皆さん心配しておられますので、鳥たちの対応につ
いて、公園はどのように考えておられるのかご返信
を頂けませんでしょうか。
よろしくお願いします。』

まだ返信はありません。

カテゴリー: 状況報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です